酸化還元電位の特徴

酸化還元電位というと、どこか難しく感じるかもしれません。しかし、これは想像しているほど特に難解なものではないものではないですし、知っておけば水素水に関する知識が深まります。では、酸化還元単位とは、一体どういうものでしょうか。

 

これは、酸化還元が行われる際の反応の程度が、どれだけ大きいかについて表した数値のことを言います。実際に数字で表す時は、電位で表すことになります。

 

この電位は物質によって基準が異なるのですが、基準より上の数値が出た場合は酸化水という扱いになり、それとは逆に基準を下回ってしまえば還元水という結果になります。水の場合は、200電位が基準となっています。

 

もしこの数値とぴったりな水であれば、いわゆる純水ということになります。では、通常私達が口にする水に関しては、電位はどうなっているでしょうか。

 

これは水の種類にもよるのですが、ほとんどの場合は最低でも300の数値は出ると言われています。

 

また、数値の高いものですと、約600になることも珍しくありません。これはどういうことかというと、普段から酸化する力が非常に強い水を飲んでいるという結論になります。

 

ということは、たとえ水を飲んでいるとしても、体内の酸化が進んでしまう、つまり、体内が知らないうちに錆び付いてしまうという結果をもたらすことになりかねません。だからこそ、いかにして水素水を積極的に摂取するかという点も、無視することはできないのです

関連ページ

水素イオンの違い
水素サプリを摂取する際に疑問に感じるのが、水素イオンについてです。この水素イオンについて詳しく知っておけば水素サプリを利用する際も安心です。
副作用に関する疑問
水素の副作用に関する疑問にお答えいたします。水素水を利用するにあたって心配なのが副作用です。参考にしてください。
免疫力に関する疑問
免疫力に関する疑問にお答えします。水素には免疫力を高める効果も期待できます。水素は毎日継続して摂取する事が大切なのです。